ホテル容積率、1.5倍に 訪日客向け客室増加

おはようございます!ペンキ書士アダチです。

年々増加の一途をたどる外国人観光客。
その影響が建設業界にも及んできています!

国交省が自治体に規制緩和要請

外国人観光客の増加によりホテルが足りなくなるのを懸念した国土交通省は地方自治体に、ホテル用地の容積率を緩和するよう促す通知を出しました。

最大で現行の容積率の1.5倍までで300%を上限に上乗せする案を例示し、都市計画の変更を検討するよう求めました。

ここで一つ!容積率とは?

敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合。
200%なら敷地面積の2倍の床面積まで建築できます。

市町村が都市計画の中で住居専用地域や商業地域ごとに定めるのが一般的。

wp-1466328906464.jpg

国交省が通知の中で示したのは、ホテルなどの宿泊施設の整備に着目した容積率の緩和。

最終的には自治体が緩和するか判断しますが、より高層で客室数が多いホテルを建てやすくするのが狙い。(日本経済新聞より⇒)

背景には訪日外国人の急増があります。
2015年の訪日客は1974万人と14年比47%増!

政府は20年までに4000万人に増やす目標を立てており
確実に足りなくなりそうです。

これに対する施策は他にも、最近話題の民泊もあります。
旅館やホテルではない一般の住居やマンションの一室を
旅行客へ貸し出すというサービス。
これ、いいサイドビジネスになるんじゃない?( *´艸`)

これらを整備するためにはやはり建設業者の施工が必要。
オリンピックまでは忙しそうですね。

ただ、日本の魅力をもっとたくさん外国に伝えて一過性のもので終わらせないように継続していってほしいですね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。今日も1日ご安全に(‘◇’)ゞ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

事務所代表

事務所代表

塗装職人として10年以上働いたのち行政書士資格を取得し独立。
今では行政書士事務所代表でありながら塗装店も経営するという業界でも異色の存在。
日本で一番職人さんの気持ちが分かる行政書士です!

自己紹介:行政書士+塗装職人=ペンキ書士

メディア実績

メディア実績

2016.11.16レディオNEOの”お仕事がんばりゃ~”に「行政書士とはどんなお仕事?」というテーマで出演いたしました。

事務所所在地

愛知県北名古屋市鹿田清水99番地 シャンポール松本202号

twitter

PAGE TOP