主任技術者と監理技術者。それに専任技術者って紛らわしすぎ(怒)

技術者の配置

おはようございます!ペンキ書士アダチです。
以前、建設業許可の要件の一つ「専任技術者」についてお話したことがあります。

「専任技術者」についてもう一度確認したいという方は建設業許可における専任技術者とは?簡単になれるのか?をご確認ください。

今回は似たような名前だけど違った役割の「主任技術者」「監理技術者」についてお話しします。

イメージしにくい場合は、3.まとめ 現場の技術者と営業所の技術者の図からご覧ください。

一体どれだけの技術者が必要なんだ?

工事現場に配置する技術者

建設業許可業者が建設工事を行う際には、技術上の管理をつかさどる者として「主任技術者」をすべての現場に配置しなければなりません。
[br num=”2″] また、元請工事1件当たりの、下請業者へ税込4000万円以上(建築一式工事は6000万円以上)の額を発注する場合は、主任技術者でなく「監理技術者」を配置しなければいけません。
この場合は一般許可でなく特定許可が必要です。
[br num=”2″]

主任技術者監理技術者
・建設工事の技術上の管理をつかさどる。
・元請下請を問わず必ず現場に配置。
・一般建設業許可の専任技術者になれる者が主任技術者になることができる。
元請工事のうち、合計4000万円以上を下請けに発注する場合は「監理技術者」を配置。
・1級資格保持者で監理技術者講習を修了した者。

監理技術者証

現場専任が求められる工事

「公共性のある施設もしくは工作物または多数の者が利用する施設もしくは工作物の工事」
の内、1件の請負金額が税込み3500万円以上(建築一式工事は7000万円以上)となる工事については主任技術者または監理技術者を現場ごとに専任で配置しなければなりません。
[br num=”3″] [char no=3 char=”お客様”]「公共性のある施設もしくは工作物または多数の者が利用する施設もしくは工作物の工事」ってどんな工事?[/char] [char no=1 char=”ペンキ書士”]なんか難しい言い回しだけど、要は個人住宅の工事を除くほとんどの工事と思ってもらえればいいです。[/char]

現場の専任性には元請下請関係ないので、元請会社の監理技術者だけでなく1次下請以降の会社も主任技術者を配置しなければならない場合があります。

「専任」というだけあって、一人の主任技術者が他の現場を兼任することは基本認められていません。
やはり、その現場に入っている技術の責任者がコロコロ入れ替わると、施工方法・段取りがぐちゃぐちゃになってしまったり、責任の所在が分からなくなるなどトラブルのもとになるからです。

  

主任技術者 監理技術者
資格要件 一般建設業許可の専任技術者要件と一緒(2級資格者、実務経験) 特定許可の専任技術者になれる資格者(原則1級資格者)かつ監理技術者講習修了者
元請工事1件当たりの下請への発注額 税込4000万円未満(建築一式工事は6000万円未満) 税込4000万円以上(建築一式工事は6000万円以上)
専任配置の条件 ・個人住宅の工事を除くほとんどの工事
・請負金額税込3500万円以上(建築一式工事は7000万円以上)の工事
資格証の携帯及び提示義務 該当なし 公共工事で監理技術者を専任で配置すべき工事の場合

主任技術者における専任性の緩和

主任技術者の現場専任性の緩和条件等

先ほど、1件の請負金額が税込み3500万円以上(建築一式工事は7000万円以上)となる工事については主任技術者の配置が必要だというお話をしました。

しかし2011年の東日本大震災の復興事業において、監理技術者・主任技術者の不足が深刻化しました。
それに対応するため、まずは被災地から、その後は全国的に職人不足となってきたため全国的に緩和措置が取られるようになりました。

ただし、監理技術者については緩和措置はありません。

主任技術者の現場専任性の緩和条件(すべてに該当すること)
1.工事の対象となる工作物に一体性もしくは連続性が認められる工事、または施工にあたり相互に調整を要する工事
2.現場のお互いの感覚が10Km 程度の近接した場所に置いて同一の建設業者が施工する工事
3.主任技術者が管理することができる工事の数は、専任が必要な工事を含む場合は原則2件程度
4.監理技術者を配置すべき工事ではないこと
5.発注者は、個々の工事の難易度や現場相互の距離などの条件を踏まえて、各工事の適正な施工に遺漏なきように適切に判断すること

技術者の配置

建築一式工事の場合の技術者の配置と説明です。

技術者の配置

まとめ 現場の技術者と営業所の技術者

建設業法に定められる技術者について、許可要件である営業所の「専任技術者」と、現場ごとに配置が義務付けられている「主任技術者監理技術者」が紛らわしすぎるので表にしてみました。

専任技術者 主任技術者 監理技術者

[br num=”2″] 表で比べることである程度はイメージしやすくなったのではないかと思います。
しかしこの制度を考えた方は、制度もネーミングももう少し区別しやすく分かりやすいモノにできなかったのだろうかといつも思います。
[br num=”2″] 以前許可窓口でこんな質問をしたことがあります。
[br num=”2″] [char no=1 char=”ペンキ書士”]一人親方でも要件満たせば建設業許可は取れるよね。
事務所の専任技術者が、事務所から○○Km以内の現場なら例外で主任技術者を兼任できるのは分かります。(ココの判断は県や担当者によってマチマチ)
でも出張とかになったらどうするの?営業所に専任技術者がいなくなるわけだし・・・[/char] [char no=1 char=”ペンキ書士”]あと、特定許可も事務所の専任技術者が要件満たせば許可取れるけど、4000万円以上の元請工事を請け負うことになって専任技術者以外の技術者がいなかったらどうするの?
下請業者に一括下請負は禁止だし。[/char] [char no=4 char=”役所担当者”]う・・・う~~~ん(;’∀’)[/char]

となってしまいました。
[br num=”2″] ペンキ書士的には、「専任技術者」の営業所専任は必要ないんじゃないかと思います。
上記の私の質問のことなんて日常茶飯事で行われて制度的にも形骸化しているし、かえってややこしく建設業者さんも困るだけだと考えています。

現在建設業許可などについて電子申請化が検討されていますが、この辺の制度の見直しも同時に行って分かりやすく親しみやすい制度に変わっていってほしいですね!
[br num=”2″]

最後までお読みいただきありがとうございました、今日も一日ご安全に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

事務所代表

事務所代表

塗装職人として10年以上働いたのち行政書士資格を取得し独立。
今では行政書士事務所代表でありながら塗装店も経営するという業界でも異色の存在。
日本で一番職人さんの気持ちが分かる行政書士です!

メディア実績

メディア実績

2016.11.16レディオNEOの”お仕事がんばりゃ~”に「行政書士とはどんなお仕事?」というテーマで出演いたしました。

事務所所在地

愛知県北名古屋市鹿田清水99番地 シャンポール松本202号
PAGE TOP