日建連、社会保険未加入問題を強化する決議。2次下請以下の業者にも加入促進の波が

おはようございます!
「ペンキ職人から行政書士へ転職!現場仕事の魅力を伝えて、若者と建設業の懸け橋となる」
ペンキ書士アダチです。

またまた新たな社会保険のニュースが入ってきました!
はたしてこれからどうなる?

2次下請以下にも社会保険加入促進!?

日本建設業連合会(日建連)は、
下請け業者の社会保険加入を促す取り組みを
さらに強化する方針を25日の理事会で決議しました。

社会保険に加入していない2次以下の下請け業者と再下請負契約を締結しないよう
1次下請の指導を徹底する措置を4月から講じること
にしており、
その実行を改めて確認しました。

社会保険加入をめぐっては、国交省が17年度をめどに
企業単位で建設業許可業者は加入率100%、
労働者単位では90%相当
を目標に設定しています。

これに応じて日建連は、「社会保険加入促進要綱」を策定。
担い手の確保・育成の一環として、
17年度以降には工事現場のすべての労働者が
適正に社会保険に加入していることを目標に掲げ、
未加入の2次以下の下請業者とは契約しないよう
1次下請け業者を指導する
措置などを盛り込みました。

要綱の策定以降、大手ゼネコンや各建設業者等、
社会保険未加入業者とは、元下契約を締結しなかったり、
工事代金とは別に法定福利費を明示した契約書を使用するといった対応を始めています。

そして、未加入の2次下請と1次下請との契約に関しても、
再下請負契約を締結しない措置を4月から実施する企業も少なくないみたいです。

ただ、2次下請以下の社会保険の加入率は6割程度にとどまります。
排除すれば現場が成り立たないところも出てきそうだけど・・・

今後の動向に注目です。

昨日は、地元の商工会の先輩方と6~7時間くらいお酒を飲んでました。
なので今日の午前中はヒドイ二日酔い(;´Д`)

でも僕を誘ってくれた先輩も、僕が来てくれて嬉しかったと言ってくれて、
また人とのつながりが強くなったことに感謝です!
先輩ごちそ~さまでした!

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m
今日も1日ご安全に(‘◇’)ゞ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

事務所代表

事務所代表

塗装職人として10年以上働いたのち行政書士資格を取得し独立。
今では行政書士事務所代表でありながら塗装店も経営するという業界でも異色の存在。
日本で一番職人さんの気持ちが分かる行政書士です!

自己紹介:行政書士+塗装職人=ペンキ書士

メディア実績

メディア実績

2016.11.16レディオNEOの”お仕事がんばりゃ~”に「行政書士とはどんなお仕事?」というテーマで出演いたしました。

事務所所在地

愛知県北名古屋市鹿田清水99番地 シャンポール松本202号

twitter

PAGE TOP